歯周病治療で口内の健康を守るんジャー|綺麗な歯を保つ方法

歯と道具

口内の問題

歯医者

歯科では虫歯治療だけでなく、インプラントや歯周病などの治療を受けることができます。目的によって治療方法が異なります。ですが、どの治療を受けても口内の状態を清潔に保つことができます。

Read More

虫歯の細菌

歯型

菌が体内に侵入してしまうと病気を引き起こしてしまうことがあります。また、口内トラブルの多くは菌が侵入し、虫歯や歯周病の病気を起こしてしまいます。症状が悪化を防ぐために、日頃から口内の清潔にしておきましょう。

Read More

治療を受ける

医療器具

病気にかかった際は、病院での治療を行なう必要があります。症状によっては治療に時間が掛かってしまうこともあります。治療を受けなければ状態は悪化してしまいます。また、歯の病気も同じことがいえます。

Read More

歯の健康を保つ

男性

歯周病が進行して、歯が抜け落ちてしまった場合もしくは、歯の根の部分がもうダメになっている場合は、歯周病治療を行なう必要があるのですが歯肉に歯が付いている状態でも抜歯しなければならないこともあります。そうなると、永久歯が根本の部分からなくなったということになるため、再生することも義歯をかぶせる事もできません。それでは、ずっと歯が抜けた状態のままなのか?というと、その状態を改善するための効果的な方法もあります。その方法としてあげられるのがインプラント治療です。このインプラント治療は、セラミックを使用した義歯を装着する事ができるものであり、歯根がない状態でも適用することができるものです。方法としては、歯肉の内部に土台となるシリンダー状のネジ穴のようなものを埋め込みます。その部分に義歯をはめ込むことによって、グラつきのないしっかりとした土台を持つ代替の歯を取り付けることができるのです。インプラント治療は、多くの問題に使うことができるものであり、今までのブリッジや差し歯のような義歯よりも耐久性やかみ合わせが、より自然の歯に近い状態に近づけることができます。土台となるものの材質は、医療金属として使われているものなので、反発などもなく安全に義歯の取り付けをすることができます。セラミックは、歯周病などの菌の影響は受けないため、かなり強固な作りですが一年単位でのメンテナンスが必要になります。これを行うことにより、歯が抜け落ちてしまっても義歯をつかってもとの状態に戻すことが可能になるのです。

歯周病治療やインプラントは、歯医者で受けることができる施術になります。また、その他にも小児矯正やホワイトニングなどの治療も受けられます。小児矯正は、乳歯から永久歯が生える際に歪んで歯が生えてしまうことがあります。歪んで生えてしまった歯を顎骨が成長している時に、小児矯正を受けていれば、元の正常の位置に戻すことができます。これらの治療は、埼玉県の習志野市や栃木県の足利市、神奈川県の横浜市の歯医者で行なうことができ、歯の状態を良くしてくれる効果があります。