歯周病治療で口内の健康を守るんジャー|綺麗な歯を保つ方法

歯の模型

虫歯の細菌

歯型

菌が原因になって病気が引き起こされてしまうというのは、認識として一般的なものですよね。体の中が正常な状態であれば健康を害することはありません。そして、その正常な状態にマイナスの変化をもたらす要因となるものが、菌なのです。菌は、空気中に存在したり食品などに微量に付いている場合もあります。全くの無菌状態というのは、なかなか難しいものです。それに、人体の健康のために必要になる菌も存在しますから、一概に悪者扱いすることはできません。健康状態を脅かす菌が体内に侵入した場合は、体の免疫力によって排除することができるようになっています。しかし、口内の菌に関しては話が別になってきます。皆さんも少なくとも一度は悩まされた経験のある虫歯も、虫歯菌によって引き起こされるものですよね。そして虫歯菌の他にも歯周病菌が存在するのはご存知でしょうか?口内にある細菌の中に、この歯周病の原因となる菌は潜んでいます。そして、歯磨きなどのケアが十分に行き届いていない場合は、この歯周病菌が活発になって口内の歯肉部分に感染してしまうのです。そして、症状が徐々に進行していくと、歯槽膿漏という歯茎がグラつく状態に発展します。これにより、虫歯以外の口内問題が発生するのです。歯槽膿漏になると虫歯以上に質の悪いもので、歯が抜け落ちてしまうという最悪の事態も想定されます。これらの症状を未然に防いで、抜け落ちることがないように口内正常化を行う必要があるのです。